底地というのはとても大事なものではあります

底地というのは借地権がついている土地になりますから、基本的にはそこまで悪い状態ではないのです。底地は既に活用されているといっても過言ではない状態ではあるのですから、利益にはなっています。但し、それは固定資産税や相続の時の税金分なども含めて考える必要性がありますから、それは注意しておきましょう。ちなみに売る事も可能です。借地権つきで売れるのであればそれは売る事は可能です。しかし、最も買取をしてくれやすいのはどう考えても借地権者になるので、大抵はその人たちとの交渉になるでしょう。借地権がある、それが底地であるわけで、どうしてもそれ以外のことに活用する、ということが難しいことになります。他のことに転用するのが難しいです。そこが最大のネックであるといえるでしょう。また、相続税というのは現金で支払うことになりますから、そのあたりのことも含めて貸すときの金額を決める必要性があるといえるでしょう。そのようなところが大変なのです。
借金 相談 埼玉