夜が静かなのはテレビを見ないせいでしょうか

日本の夜も変わってきました。個人的には、もっと、夜に騒いで欲しい気持ちがありますが、夜はシーンとなっています。音のない世界です。11時くらいには休まれているのでしょうか。自分の若い頃とは違うので、なぜに、ここまで静かなのかと不思議に思っています。騒ぎ立てるのであれば、ゲームのようなデジタル中心の生活しかないのでしょうか。デジタル生活だと静かですから。
テレビをみないからでしょうか。昭和の頃には、日本全体で見ていたテレビがありましたが、今はそれがないように思います。特に、青が散るとか、男女7人とか、金妻とか。見るのが当たり前の世界でしたから。自分も東京の郊外に家を建てて、夫を車で送り迎えするものとばかり思っていたのです。だから、タワーマンションに住むという未来は想像すらしませんでした。もちろん、住んでいませんが。空想することすらないということです。
昭和は残念ながら否定されてしまったのでしょうか。